针と棘
RADWIMPS
作词:野田洋次郎
作曲:野田洋次郎
どこで忆えたの そんな上手になるまで
それくらい 人伤つけるのはお手の物

是哪里学来的呢 在变得如此擅长之前
光是这样 伤害他人也已是得心应手

习った覚えは 特にはないのに
むしろ 锻えてきたのは 逆のはずなのに

明明没有怎么记得 有特别学过
倒不如说 平时多加训练的 本该是完全相反的东西

仆がいけないの? 仆がいけないの?

我做错了吗? 我做错了吗?

これはつまりは先天的才能
谁が真似しようとも 及ばぬほど

这个简单来说就是天赋
是任谁模仿也远及不上的程度

そう言っておいたら またやらかしても
许されやしないかな などと思ってます

如果解释完之后 又重蹈覆辙
是否不会再被原谅了呢 我不禁思考

もう涙が出てきた 何しにやってきた
どんな色かも 见るのも恐い

泪水已涌出眼眶 为何至此啊
不管是哪种颜色 都触目惊心

言叶の针を 抜いてください
心の棘を 剥いてください
あなたの爱に みつめられて
それを麻酔に 剥いてください

请将我言语中的针拔出
请将我心中的棘刺摘除
被你的爱意 凝望注视着
就用爱作麻醉 为我手术吧

どうか幸せでありますようにと
愿う人であるほど 切り刻んで

愿您无论如何都要幸福
越是这样祈求的人 越是该碎尸万段

この期に及んで もうどういうわけだか
少しかわいそうな仆 などと思っています

走入这般绝境 不知道是怎么搞的
连自己都觉得 我这个人有点可怜

今日はどんな仆で 慰めてみよう
「それに気付いただけでもさ 君は优しいよ」

今天的我要用何种面目来安慰自己呢
「能察觉到这一点 说明你很温柔了哦」

いいね その调子 あと二つ三つあれば
明后日の夜くらい までは 生きられるかな

真不错 照这样下去 再来两三下的话
到明天后天入夜之前 都能坚持活下去

もっとくれないかい もっとくれないかい

能再安慰我一下吗 求你再安慰我一下

涙はどこいった 仆を置いて枯れてった
笑える话の一つもせずに

泪水去哪了 丢下我枯萎了
连丑角都不愿扮了吗

言叶の针を 抜いてください
心の棘を 剥いてください
その时 溢れ出す赤い血を
この世のてっぺんから 降らしてください

请将我言语中的针拔出
请将我心中的棘刺摘除
动手之时 请把我溢出的赤红鲜血
从这尘世的顶端 倾泄而下

さぁ 浴びて 浴びて 浴びて

来啊 淋浴吧 淋浴吧 淋浴吧

あなたの中で吹いた风は
あなたの中で光った种は
ルルル ルル ルル ルル ルル ルル
言叶になるのを拒んだあなたの


在你体内吹拂的柔风
在你体内发光的种核
rururu ruru ruru ruru ruru ruru
是你抗拒将它们化作言语的
梦境

言叶の针を 抜いてください
心の棘を 剥いてください
あなたの爱に みつめられて
それを麻酔に 剥いてください

请将我言语中的针拔出
请将我心中的棘刺摘除
被你的爱意 凝望注视着
就用爱作麻醉 为我手术吧

言叶の针を 抜いてください
心の棘を 剥いてください
それが叶わない 愿いならば
强く奥深く 贯いてください
あなたの中で 光る种に

请将我言语中的针拔出
请将我心中的棘刺摘除
如果那是 永远无法实现的幻想的话
请你 用力地深深贯彻吧
用你体内的 本就闪耀无比的种核




拒绝把自己的心里的温柔化为语言
代替的是满满的针与刺
丑陋无比
痛苦不堪
连泪水都如装饰品一般

也许可以用爱把这些伤人害己的东西除掉吧
也许不可以
但如果你相信我有一颗闪光的心
那我
便不再拥有荆棘

评论 ( 3 )
热度 ( 2 )